スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Letters of Jane Austen

私が好きな作家の一人で、レース編みをしていた事が分かっているジェイン・オースティン。
ジェイン関連の本を読んでいると、時々レースが出てきます。
同時代に活躍したシャーロット・ブロンテ関連の本では、シャーロットの使っていた裁縫箱の写真にタティング・シャトルが写っていたので、もしかするとジェインが言っているレースってタティング・レースかも?と思って、ジェインの手紙集「The Letters of Jane Austen」を購入。
地道に調べて(読むって感じではまったくありません)みました。

「You quite abash me by your progress in notting, for I am still without silk.」
notting=Nottingham Laceですよね?
彼女が好きだったレース編みはノッティンガム・レースだったのかも…

「You must get me some in town or in Canterbury; it should be finer than yours.」
でもジェインも細糸が好きだったみたいで嬉しかった♪

ちょっとした夏のレースの勉強でした(^_^;)
さて、また“フルール・ド・フルール”に戻ります。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ぽとす

Author:ぽとす
ぽとすの手仕事その他について

Category
Archives
New Entry
New Comment
Counter
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。