スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白タティングはじめました♪

“140番のローズ・ガーデン”と“白クィーンのショール”はじめました。
“140番のローズ・ガーデン”はエジプト綿レース糸#140(ボビン・レース用です)、“白クィーンのショール”はぴえろさんの絹100%の極細糸(A175)です。
白タティング

“ローズ・ガーデン”は今まで3回編んでいるのですが、手元に残っているのはDMCコルドネスペシャル100番(BLANC)のみ、比較の為に一緒に写してみました。
1段目までの直径は、140番は約1.5cm、100番は約3.6cm。
やっぱり大変だけど、極細糸大好き~♪
ローズ1段目

“クィーンのショール”はこれで3枚目(うち1枚は金絹1/9番手が現在入手不可能なので未完)、先日完成した金絹1/8.3m(上)は直径約9cm、金絹1/9番手(右)は直径約6cm、白絹(左)は直径約7cm。
ショール

先日おもしろい洋書を購入しました。
Tat


「LEARN TO Tat」という、タティングのDVD付きの本で、本当に初級の本。
でもシャトルの動かし方など、DVDで見れるのがちょっと嬉しいかも♪
さっそくiPod nanoに入れて移動中に楽しんでみます。
英語なので別の意味でも勉強になるかも?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント」ありがとうございます

大きさ比較って良いですよね~この楽しみがあるから、極細糸にチャレンジしたくなるのかもしれません。
極細糸は適度に湿度があった方が編みやすいみたい?
今回は出来るだけピコを小さくする!が課題です。

ギネスに挑戦かあ~(〃∇〃)
とりあえず、140番で“ローズ・ガーデン”どこまで編めるか、に挑戦してみます♪
夏~秋頃の帰省の時、ショールと一緒に持って行きますので、見てやって下さいね。

100番でのタティング、とっても素敵なので挑戦してみてくださいねo(^∇^)o

ありえん!

私この大きさ比較、好きなんです。
それにしても、140番って・・・
100番だって一般庶民から見たらじゅ~ぶん細いですわよ~!
その100番の糸自体の太さが、140番だと結んだチェインの太さって。ありえないっす!
こうなったらぽとすさん、140番で1mくらいの作品を編んでギネスに挑戦!ってどうですか?
・・・私もこの夏は、100番(糸は持ってるの)に挑戦しようかな~。
Profile

ぽとす

Author:ぽとす
ぽとすの手仕事その他について

Category
Archives
New Entry
New Comment
Counter
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。